大学院生になってみた

大学院生が色々書くブログです。

築地に行ってきました

こんにちは 大学院生です。

豊洲と築地を巡る問題は僕も気になっていまして、まあとりあえず行ってみようと築地に行ってきました。

築地に行くのは去年の夏以来です。変わったのでしょうか。

f:id:masterzzz:20170712174331j:plain

まずは築地本願寺に行ってきました。ここは工事中でした。なかなかにおしゃれな建物ですよね。

この日はとても暑く、スムージーを買いました。

f:id:masterzzz:20170712174549j:plain

オレンジとパイナップルのスムージーです。その場でフードプロセッサーで作ってくれました。お値段はやや高め400円でした。味の方はナチュラルな甘さと冷たさがよかったのではないでしょうか。

実は築地市場は決して魚介系だけではありません。実は青果やお肉も扱っています。イメージは確かに「魚」ですが。

f:id:masterzzz:20170712174914j:plain   f:id:masterzzz:20170712175519j:plain

f:id:masterzzz:20170712174958j:plain

この日は平日の朝でしたが、たくさんの人で溢れかえっていました。やはりというか、数多くの外国人が訪れていました。こういうところに行くと、インバウンドを実感します。きてくれてありがとうございます。

さて、築地には場外市場と場内市場の二つがあります。今回移転、移転行っていますのは場内市場の方です。場外市場は残ります。おそらくみなさんがイメージしているのは、築地のあの空間全部が移転してしまうということではないでしょうか。実際、僕は最近までそんな風に考えていました。実際は、上の写真のような空間は残ります。

f:id:masterzzz:20170712175651j:plain

すごくびっくりしたのが上の写真です。こちらは場外市場にある建物の中の様子なのですが、建物の中に商店街がある感じです。確かに、ごちゃごちゃして少し汚い感じの雰囲気は魅力的ですが、こうした綺麗な感じもいいですよね。

f:id:masterzzz:20170712175853j:plain  f:id:masterzzz:20170712175922j:plain

 魚もいました。建物の屋上は解放されていて、春先とかは気持ち良さそうです。

f:id:masterzzz:20170712180028j:plain

場内市場にも行ってきました。こちら10時から自由に見学できます。

中は慌ただしく動く車や、滑る床などで少し危険でしたので、しっかりとした靴と手荷物は少なめでいきましょう。老朽化が問題視されていたようにやっぱり危ない感はありました。せりの見学も早朝ならばできるようです。その時間以外は積極的に見に行くべき場所かなって感じです。つまりは、ここが移転されるだけならば、築地全体の魅力はあまり減少しないのではないでしょうか。もちろん、中には豊洲に移転するお店もありますが、多くのお店が残れば大丈夫な感じはありました。

f:id:masterzzz:20170712180515j:plain    f:id:masterzzz:20170712180541j:plain

 

結論:築地市場には場内と場外がある。移転するのは場内(せりとかするところ)、場外(海鮮丼とか食べられるところ)は残る。場外も綺麗な空間ができるなど変化しつつあるが、古き良き外国人が好みそうな商店街も存在している。

 

ぜひみなさんも行ってみてください。

 (最後にアフィリエイトを一つ。)

 

 

アフィリエイト始めました。

こんにちは。某大学院生です。

ついにこのブログにもアフィリエイトを導入しました。僕は正直者なので言いますけど、全くもって儲ける気はありません。そういうつもりがあったら、もう少しましなブログを書きます。ではなぜ導入したかというと、興味本位です。すいません。まあ、せっかくブログやってるし、世の中アフィアフィいうておりますさかい、わてもやってみようかね的発想です。1円でも入ったら報告しますし、万が一儲かりんぐしましたら、還元します。

さて、今回ご紹介するのは(アフィリエイト風)「午前3時の無法地帯」という漫画です。少女漫画でもないですけど、レディコミでもない感じの立ち位置です。あ、内容の紹介なんてしませんよ。めんどくさい。

①この漫画とどこで出会ったか。

無料漫画アプリGANMA!です。最近どの漫画アプリも連載だけでなく、完結した人気作品を載せるようになりましたね。ちなみに僕が使ってるアプリは「マンガワン(サンデー系)」、「ジャンプ+(言わずもがな)」、そして「GANMA!」です。

マンガワンではからくりサーカス読んで、それはもう号泣しましたし、うしおととらもよかったなあ。おやすみプンプンもなんだかんだ全部読みました。王様たちのバイキングもいいっすよ。普通に連載しているものも少しづつクオリティーが上がってきましたね。(ここアフィリエイトチャンス)

ジャンプ+では黒子のバスケを読んでいなかったことを後悔しました。基本的にジャンプ+は、完結作品でも最後まで載せません。せこい!許さんぞ!

さて、GANMA!(変換だるいから以降ガンマ)はどっかのタイミングですごく暇になり、インストールしてという感じか、広告見てインストールしたかって感じだったんですけど、そっから放置していました。と、何かの拍子でアプリを開いてみると、本格的な絵がそこにはありました。(ガンマは結構レベル低いっす。特に絵のクオリティは週刊少年ジャンプには載せません的なものが多いです。)と、ここで本題に戻るわけですが、「午後3時の無法地帯」だったわけですね。

(初アフゥィーリエイト!!!)

絵も綺麗ですし、ストーリーの雰囲気がかなりいいです。なんというんですかね。いいです。3巻で終わるのもいいですよね。とは言いつつ、続編もあったりします。

 

主人公が変わるんで厳密にいうと続編ではないのかもしれませんが、まあそこはいいでしょう。結局全部で7巻になります。(さらに短編集もあるんでほんとは8巻です。)

 

で何がいいかって、このマンガドラマ化されているんですよ。しかも天下のyoutube様で見れる。(公式)つまり、このマンガにはまれれば、結構な時間楽しめます。お得というか、幸せな時間が長く続きます。

しかも、主演が本田翼なんですね。 最近本田翼可愛い症候群に陥っていて、それ知った時幸せでしたねぇ。しかも、相手役がオダギリジョーなんですよ。彼も僕好きでしてねぇ〜。ハイパー俺得祭りワッショイワッショイ です。で、原作みるとわかりますけど、結構雰囲気を再現できてるなぁって印象です。

しかも、連ドラ初主演だったらしく、という割にはいい演技していました。無料ですので、ぜひご覧ください。

しかも、有田哲平×本田翼でこれまた僕の好きなマンガ「わにとかげぎす」もドラマ化します。7月19日23時56分(暗記済み)からです。

わー楽しみ!!!!

まだ放映まで少しあるので、漫画もどうぞ。

 

 

以上、結局好き勝手書き、本田翼素敵やんブログになってしまった感はありますが、初めてのアフィリエイト導入ブログでした。

ブロックチェーン勉強会に行ってみた②

続きです。

今回はしっかりとブロックチェーンについて記述します。(基本的にBitcoinを想定してください)

質疑応答形式で書いていこうと思います。

 

Q1 そもそもブロックチェーンとはなんですか?

A1 ブロックチェーン - Wikipedia 多分これ見るのが一番早いです。(「ブロック」と呼ばれるデータの単位を一定時間ごとに生成し、鎖(チェーン)のように連結していくことによりデータを保管するデータベースである」)と書いています。

まあ、あっているかわかりませんが、僕が理解している範囲で書きますと、ブロックチェーンは「改ざん不可能」、「全てのデータが記録されている」、「みんなそのデータを見ることができる」、「特定の管理者がいない」、「P2P(peer-to-peer

Peer to Peer - Wikipedia)、分散型タイムスタンプサーバーによって自律的に管理される。」要はデータベースです。繰り返しますデータベースです。そうデータベースなんです。まあ、だから何をしているかと言われれば、データを保管しているんですね。今までのデータベースと大きく違うのが、「中央集権型でないということ(P2P)」、「特性上改ざん不可能である」ということです。そこを押さえておけばいいのではないでしょうか、Bitcoinはだからその価値が担保されているのですね。

あと、押さえておくべきは「ゼロダウンタイム」です。ええっと、ダウンタイムが要はそのサービスを使えない時間で、それがゼロってことなんで、つまりずっと使えるってことです。ちなみにBitcoinは2009年からゼロダウンタイムです。24時間ズーーーーット使えます。スゴイね!画期的です。銀行なんて夜中はお金おろせないじゃないですか。そういうのがないってことです。コリャスゲーーー!!!!

もう一つが、「スマートコントラクト」です。最初にBitcoin以外のスマートコントラクトの例を見てみましょう。自動販売機です。お金入れる、商品選ぶ、商品出てくる。ここまでの作業が、第三者がいませんし、機械が自動でやっています。つまりはそういうことです。「人の手を介さずに、一連の取引が自律的に実行されること。」がスマートコントラクトです。んで、Bitcoinに話を戻すと、やり取りの記録がされる(改ざん不可能)、自動でやり取りされる(改ざん不可能)、やり取りする二人以外いらない。(詳しくは下に書きますが、ブロック生成は勝手というかされるので)ンンンン!スマート!今までは第三者がそのやり取りの正当性を担保するなんてこともありましたが、リスクが高まることもありますし、まさにスマートですね。

ただ、あくまで上記は基本的な話で、ビジネスの話にすると、要はブロックチェーン技術を用いて何をどう変えていくのかが重要な部分だと思います。

f:id:masterzzz:20170708102256p:plainWikipediaより)

Q2 どうやってブロックが生成されるの?

A マイニングによってです。

簡単にかくと、

A、Bという人間がいたとします。んで、AがBに1Bitcoinを送る、BがAにりんごを1個あげるという契約を結びます。では、実際にAがBに送ります。このことをトランザクションと言います。さて、ブロックチェーンは分散型記帳台帳ともいうように、そのやり取りを記録します。ブロックに記載されるわけです。その作業をマイニングというのですが、まあすごい計算をするわけです。(イメージはスパコン、、、)ただ、10分ぐらいで終わるんですけど。10分ってそこそこ長いですよね。

んで、ここで出てくるのが、プルーフオブワークというシステムです。ABCDEの五人がいてそれぞれがマイニングするんですけど、一番早く計算が解き終わった人がブロックを生成できるという話です。でも、もちろん正しいかわからないんで、残りの人はそれを検証します。それで、過半数の人がOKを出すと、改めて承認され、ブロックが生成されるのです。そして、記帳されると。

書いていて、わけわかんなくなってきました。やり取り発生→ブロックつくらなくては!→プルーフオブワーク(計算→検証)→ブロック生成って流れですかね。言い忘れていましたが、マイニングするとBitcoinがもらえるんです。だから、みんな一生懸命にやるわけです。そして、正しい計算でないと承認されない。不正できない。そうして、正しいブロックが生成されていくわけです。

 

Q3 ブロックチェーンのダメなところは?

A とりあえず、僕は二つ知ってます。

一つ目が、メリットでもあるんですけど、データを変更できないということです。改ざん不可能性は大きくはメリットなんですけど、例えば10000円の商品を1000にしても変更できないということです。怖い、、、、

二つ目が、データの真偽は問えないということです。ムムム?どういうことでしょうか。イメージでいうと、1+1=3というデータがその時間に入ったことはブロックチェーンで正しく記載されますが、1+1=3は間違っていて、そこがあっているのかはわからないということです。またもや、試されてますね。

まあ、上はともかく下はきついっすね。詳しくはわからないですけど、エラーとか出ないってことですもんね。困りました。

 

とまあ、書いてみたところで、このブログに出て来たワードをネットで検索してみてください。あっているかは置いておいて、このブログに出て来たワードを押さえておけば、ブロックチェーン若干知っている勢になれますよ。

 

※このブログを見た中に詳しい方がいらっしゃいましたら、ぜひコメントにてご指摘をお願いします。

 

ブログの解析について

 

こんにちは。大学院生です。

最近ブログであったり、twitterであったりと様々な解析が行えるようになってきました。僕はプロではないので見れるのはどれくらいブログが見られたか、くらいなのですが、少し冷静になると怖いなとも思いました。

もちろん、個人の特定なんかはできません。ただ、見たという事実は確実にインターネット上に残るわけです。まぁ、ニュースとかでも「殺人予告」のレスから見つかるなんてことは結構ありますよね。みなさん、ネットの利用は本当に気をつけるところは気をつけてください。ほんと、余裕で特定されますよ。警察とかじゃない、普通の友達は「まあできると思う」と行ってのけました。正しく使おう、、、、

 

さて、ではこのブログの解析というか、アクセス数を見ていきましょう。

 

f:id:masterzzz:20170707114651p:plain

と、こんな感じでいつも見ています。6月は一切更新していなかったので、こんな感じの結果になっています。合わせて50も行っていなかったような、、、

7月に入りそこそこ奮闘し始めると、結構伸びましたね!全体の1/9を今週で稼いでいます。まあ、正直このアクセスが何を表してるのかは微妙なところですが、単純に伸びると嬉しいものです。

(どうやらアクセス数はページビュー数のようです。つまり、900人来たのではなく、900ページ見られたということです。最近少し伸びたのは、記事が増えて来たからなんですね。)

 f:id:masterzzz:20170707115521p:plain

さて、その下にはどこからアクセスされたかを示す指標があります。僕はほとんどツイッターからの流入が多いですね。今後、検索からどう引っ掛けるかがポイントになりますね。

 

とまあ、こんな感じでブログをやっているというご紹介でした。

しょうもない話 1

夏休みに北海道に行くことが決まりました。

ぶっ殺されそうですが、研究とかではないです。

8月でも最終週とかだとLCCの料金は3000円代と、貧乏大学院生にも優しいです。

また、今回は知人を尋ねるので宿代もいらない説なので、思う存分食事と娯楽にぶっこめそうです。

一緒に旅行するのは、今まで名古屋、ホテル三日月、広島、などなど数多くのところに行ってきた、絶対楽しいメンツです。どうなったって楽しいこと間違いなしです!先輩も楽しみにしてくれているようで何よりです。

さて、僕は人生で2回目の北海道になるのですが、1回目は母、母方のおばあちゃん(僕はお店ばぁばと呼んでいます。)と行きました。正直記憶はほとんどないのですが、帰りの飛行機で真横に雷が落ちて、おばあちゃんが悲鳴をあげていたことだけは鮮明に覚えています。

今回の旅行は楽しい時間の記憶が残るといいなと思っています。

とりあえず、魚介類はひくほど食べたいです。アニサキスは共存します。

でも、お肉も食べたいです。ビールも飲みたいです。時計台は行きません。

 

さて、このブログを読んでくれる変わり者にはお土産ぐらいあげてもいいのではないでしょうかと思っています。 

八月末と少し先なのですが、お土産欲しい方はコメント欄になんか書いておいてください。抽選で何人かになんかあげます。

(申し訳ありませんが海外への発送はご遠慮願いたいです。)

おしまい。

ブロックチェーン勉強会に行ってみた①

こんにちは。

ブロックチェーン勉強会に行ってきましたので、忘れないように記述しておこうと思います。

まず、ブロックチェーンですが、もちろん名前は知っていたのですが、中身は全くと行っていいほどわかっていませんでした。BitCoinに使われている?みたいな感じの認識にしか過ぎませんでした。

また、参加した経緯なのですが、意識の高い友人に誘われたためです。なんとも、主体性がない、、、 もう一つは無料ということです。学生向けの勉強会って、就活やインターン生を取るために行われている感じが結構ありまして、参加するとほぼ100パーセントでそういった案内をされます。実際、意識高いしわざわざ学外で勉強しにくような奴なんで結構優秀というね。まぁ、無料でもいいかなと思わせるくらいの価値はまああるんでしょうね。僕は残念ながらあんまり関係ないですけどね。

さて、そろそろ本題に入りましょう。

最初はBitCoinについてからでした。

冒頭繰り返されていたのは、日本と海外でのギャップに関するものでした。日本でもかなり使われるようになり、

bittimes.net

オリンピックに向けてキャッシュレスな世界を目指すとは言いつつも、海外に比べるとやはりまだまだ日本では使われていない。というお話でした。例に出てきたのが、カナダのコーヒーショップの話で、BitCoin決済はもちろん、店内にはBitCoinのATMもあるそうです。また、観察してみると利用者は決して若者だけでなく、お年寄りも使っていたとのこと。うーん、日本では考えられないですね、、、

さて、そもそもBitcoinとは何かと言うと、仮想通貨の一種であり、暗号通貨と呼ばれています。(仮想通貨はゲームとかのお金も入っちゃいます。)

暗号通貨 - Wikipedia (暗号通貨はこちらからみてね。)

で、そのBitcoinとお手持ちの現金を交換する取引所が存在しています。(少し古いですが例のマウントゴックスもそれにあたります、、、)これは、両替所みたいなものを考えておけば良さそうです。つまりはここで円とビットコインを交換するのです。

また、Bitcoinを持つにはウォレットが必要になります。簡単にいうと自分の銀行口座みたいなもので、この中にBitcoinを入れておくわけです。詳しくは調べて欲しいのですが、どうやらBitcoinをウォレットではなく取引所に預けたままにした結果、横領されてしまったのが、マウントゴックス社の問題の結論らしいです。つまり、自分のウォレットで管理した方が安全なんじゃないかなという印象です。

特徴としては、個人間の送金ができる。中央銀行がないということも大きな特徴です。(個人間の送金ってできてるように見えて、結局銀行使っていますよね。)よって、便利ということです。C2C(メルカリなど)のサービスが巷では人気ですけども結局のところ間にはメルカリが入っていて、他にも銀行とかが間に入っているために、やってみるとわかるのですが結構手数料がかかります。まあ、その辺がスムーズになるってことです。

また、中央銀行がないということなのですが、ここでの論点は「価値」です。通常の紙幣は国が発行するからこそ「価値」あるものとして扱われます。たとえば、僕が紙幣刷ったって価値がないですよね、、、 じゃあ、Bitcoinも価値がないの?となると、そんなことがないことはみなさんご承知の通りです。(調べたら2017/07/06現在で1Bitcoin=約300000円でした、、、高い!)それは、みんなが「Bitcoinに価値があると思っているから」なんですね。極めて単純ですけど納得感が強かったですね、、、

となると、人気(価値があると思う人が多くなる)になると、値段が上がるわけです。つまりはそこの弊害となっている規制の緩和などが起こると、値段が上がりますし、国に対する不安がたまると、紙幣への信頼感もなくなりBitcoinに変えようとする動きが起こるそうです。(そうなると、日本は紙幣への信頼感は高いわけで、なかなか難しいところではありますね。他の人に聞いた話ですけど、物理的に紙幣が汚いとそれはそれでシフトが起こるそうです。)

また、国際取引の際の安心感も述べていました。例えば、A国がB国に送金するとします。しかし、B国の情勢は不安定で、送金しても、もしかしたら紙くずになってしまうかもしれないし、お金が本当に現地に行っているのかも難しいところです。しかし、Bitcoinなら前述の通り個人間の送金が可能なため、この辺が安心してできるわけです。

うーむ!Bitcoinスゲーーーって感じですね。欲しくなりました。が、結局のところ、日本にいる分には日本紙幣で今のところ十分ですよねー 性質上、株に近いですし、まあ急激に下がることはないと思いますが、それでもBitcoin以外の通貨(AltCoin)は上げ下げが激しかったりするんで、やや不安ですよね。ぶっちゃけ、メリットがあるのかないのか、、、って感じです。今はですよ!今は!キャッシュレスだけだったらクレジットカードでいいです。個人間送金する機会は今はあんまりないですし。Bitcoin使った方が安いとかになると使うかもしれませんね。(個人の意見でした。)

さて、暗号型分散通貨Bitcoinは言うなれば元祖に当たるもので、世の中には様々な暗号通貨が存在しています。ただ、どうやら、世の中の9割はBitcoinもどきで言うなればくそらしいです。しかし、残りの1割にはBitcoinに機能を追加したものがあるそうで、簡単にいうとBitcoinよりも便利になっているそうです。(イーサリアムとか、、イーサリアム(Ethereum)とは?【bitFlyer】

ちなみに僕はリップルリップル/Ripple 相場チャート (XRP/JPY) | CoinGecko)を買おうとして、身分証明書のパスポートがなく断念した記憶があります。まあ、今思うとすげー一回値下がりしたんで買わなくてよかったんですけどね。

 

最後に、気になったことを質問したんでその質疑応答を載せておきます。

Q、世の中に仮想通貨が乱立すると、結局今の貨幣経済の仮想通貨版になるのでは?アメリカ-ドル、日本-円のような感覚で、アメリカ-Bitcoin、日本-〇〇コイン的な感じになるのではないですか?それって結局変わってなくないですか?

A、そうなるかもしれない。ただ、絶対的な通貨が生まれてもまたそれを超える通貨が生まれるかもしれないし、何より(個人送金が可能のような特徴)から、変化してる。(便利?)(この辺り曖昧です。すみません。。)(あとコイン間のやり取りも楽って話があったと思います)と言えるよ。

確かにって感じですね。そうなったとしても、国が管理できるわけではないのであんまり大きく変わってますし、仮想通貨の特性を生かすことができれば、現行の貨幣と取り替えられるだけでもかなり便利ですものね。

 

と、わずかに3000字に満たないところで、かつブロックチェーンに関するお話は次に回してここで一回終了します、、、、

 

 

趣味の話 野球編前編

突然なのですが僕の趣味は野球観戦です。

 

もう少し丁寧にいうと、野球に関する情報をみることが大好きです。

それこそ、なんJとかもがっつり見ますし、まとめも見ますし、データサイトも見ますし、スポナビは外せませんし、必ずダイジェストをニュースで見ています。余談ですが、報道ステーションの熱盛は結構好きです。

しかし、野球といっても幅広いです。プロ野球、メジャー、高校野球、、、、さらに、プロといっても女子、独立リーグなどありますし、それぞれさらに細分化できます。また、社会人野球などもあるわけで、結構幅広いことがわかると思います。

そんな中で僕の興味はプロ野球NPB)に集中しています。だいたい80%くらいです。残りの20%は野球と名がついているものであればって感じです。

さて、12球団の中で私が一番好きなチームが横浜DeNAベイスターズです。

とはいえ、最初からベイスターズが好きだったわけではありません。今回は備忘録的に、ここまでの私の野球遍歴を語りたいと思います。

プロ野球チップスとの邂逅(〜2008年)

私は学生時代野球部ではありませんでした。リトルとかも所属していませんでした。ただ、父親が会社の人と野球をしていたので、父とキャッチボールしたり、試合を応援したりしていました。とはいえプロ野球というかスポーツ系に熱中する子供ではなかったので、少なくとも、小学生の時は野球ファンではありませんでした。

契機になるのが、プロ野球チップス(以下プロチ)の存在でした。元からカードを集めることが好きだったこともあり、プロチを買うことにはなんの抵抗もありませんでした(多分)。ただ、今でも謎なのが、買って集めたところで選手全くわからないのに、というところです。いや、普通は野球好き→プロチ だと思うんですけど、僕の場合は無→プロチです。あほ中学生だった僕も、無限に金があったわけでないし、何でもかんでもコレクションすればいいというわけでもないんで、なぜ購入したのかは今でも謎です。おそらく、割引されていたものを買ってはまったか、そこらだと思います。

上にもあるようにただいま2008年です。プロチにより野球への興味が生まれた僕が完璧に野球にハマるのは翌年からなのですが、2009年といえばですよね、、、

イチローすげー!からの山﨑武司すげー!

はい、WBCです。もう、完全にWBCで野球ファンになりました。選手のことはやっぱりわからないんですけど、イチローくらいはわかっていて、イチローすげー!ってなりました。しかし、WBCは三月には終わります。シーズンを迎えるにあたり、僕は応援するチームを探し始めました。普通はWBCで活躍した選手のチームを応援するんでしょうけど、プロチのスターカードで当たって、気になっていた山﨑武司の所属する楽天イーグルスを応援することにしました。

(山﨑武司に関しては 山崎武司 - Wikipedia 見てください。)

2008年の段階で、山﨑は40歳で、なんて人だ、、、、と中学生の僕は驚きを隠せませんでした。おまけにこの人のすごいところは40で4番で、ホームランバッターなんですよ!ということで、僕は所属していた楽天を応援することにしました。

ただ、応援といっても球場には行きませんし、中学生の僕は携帯も持っていなかったんで、外では試合情報も見れませんでした。その分、朝刊見たり、携帯持ってる友達に見てもらったり、家のパソコンでまとめサイト見たり、ケーブルテレビで見れる時は試合を見ていました。こうして振り返ると、僕の野球観戦スタイルはこの時期に確立したといっても過言ではありません。球場は今でも年10回も行きませんし、グッズもそんなに買いません。

もう一つ楽天を応援していたのは、弱かったからです。6→6→6→5位と来ていて、応援のしがいがあると思ったんでしょう。

 

 

ということで、ここまでを一回まとめると プロ野球チップスWBCイチロー→山﨑武司、楽天という流れで、僕は野球ファンになりました。

後半へ続く。