読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コロプラのVRイベントにいってみた①

日曜日にコロプラのイベントに行ってまいりましたので、その報告をしようと思います。報告というか、ためになったところを中心にって感じですね。プラスで僕のかんじたこともかきます。また、今回のブログは僕の聞き取りメモを元に書いているので、そこを注意して読んでみてください。

 

今日のスピーカーは仮想現実チームの比留間さん。

https://www.webprofessional.jp/borderline-03-hiruma-kazuya1/undefined こちらの記事を読んでいただけるとご本人のことがわかるのでは。僕みたいな、プログラミングできないマンでもすごいということはわかります。

自己紹介の後は、「求められているコンテンツとは。」というテーマで話が進みました。その答えは「模索段階」というものでした。出しては試し、、、、を繰り返している状態とのことです。また、やりたいことと、やれることにも差があると述べていました。また、VRは”主観”であるので、”自身”というものがよく出るとも述べていて、ゲームの開発段階でもそういったことがしばしば起きるそうです。

この主観のところの話はビビッときましたね。僕は観光とVRで研究を進めているのですが、観光もとても主観的な行動で、いや主体的といった方がいいですね。様々な観光情報を主体的に選択し、観光を行うわけでその点でとても主体的なのですが、VRの主観性とは相性はいいのかなとも思いました。見たいところは各々違うので、写真よりVRの方がいいですよね。

話を戻します。

次はVRLA(ロサンゼルスで14、15日に行われた世界最大級のVRイベント)のレポについてでした。アメリカで流行ったものが少し遅れて、日本に来るということは多々あるので、VRに関してもアメリカの動向を抑えといた方が良いとのこと。(ためになりました。)イベントの雰囲気として、VRをより拡張しようという雰囲気だったそうです。具体的には、バギー(車)型のアトラクションとVR、ロードランナーのような自由に歩けるようなものとVR、触覚、表情のトラッキングなどです。他にも、解像度5K、210°の視野角のHMDなどもあったようです。しかし、そのHMDはコンテンツがつまらなかったようで、コンテンツの重要性も再認識したようでした。

VRをより拡張するというのは、確かに必須なところではありますね。移動や、よりリアルな体験のための工夫といったところはまだまだ伸びしろがありますし、MRに近くなりますが、手元をみえるようにしてキーボード操作を可能にするといったところも(僕の知る限りでは!)まだ存在しません。質疑応答のところでも出ていましたが、何とVRを掛け合わせるかという横の動きと、VRそのものを良くしようとする縦の動きがあり、どちらを優先という話ではありませんが、どちらも大切だなと思いました。(小並感)

長くなりましたので、一回切ります。繰り返しますが、あくまで今回は僕の聞き取りメモがいうなればソースですので、そこだけは宜しくお願い致します。

大学院生の休日②

昨日はタコパをしました。はじめてやったので、タコパが正しい表記なのかよくわかりません。

楽しかったことはいうまでもないので、今回のテーマはタコパの定義について述べようと思います。というブログを書こうと思ったのですが、疲れたので、タコパの感想だけ。

楽しいし、結構コスパが良い気がしました。(多めに出してくれた方々ありがとう。)具材も比較的自由にできて、基本的に旨いというのもいいですよね。

ただ、タコパ慣れしていないと、どのタイミングでもりあがっていいのかわからず、お通夜のようになってしまう可能性があるようです。

 

どうでもいい話ですが、青汁とビタミンサプリを飲み始めました。健康にも意識高くありたいですね。

授業について

お久しぶりです。

今日は大学院の授業について書いてみようと思います。

そもそも卒業に必要な単位数は30単位となります。授業数で言うと15となります。

現在は週6コマの授業で、プラスゼミという感じです。

少ないと思います。確かに一つ一つの授業は重いのですが、学部の時よりも少ないですね。

しかし、修論を書き上げることが大きな目標の1つですので、そう考えると今の時間割でちょうどいい感もあります。

ぶっちゃけ、興味のない授業や意地の悪い先生の授業は受けたくないので、確率論的に授業数は少なくていいですね。

今日はもう一つ書きます。

 

大学院生の休日

大学院は土日には授業はなく、少なくとも私は休日にしようと考えています。(他のまじめな方々はそんなこともないのかもしれませんが。)

そして、入学後最初の日曜日にはドライブをしました。とはいっても貧乏大学院生が自分の車を持っているわけもなく、「カーシェアリング」を利用しました。値段もレンタカーより安く、いろいろなかっこいい車を借りることができる点で優れている一方、貸してくれる人の顔が見れる分運転はとても緊張しました。

いつものメンバーで行先はテキトーに決めました。結果として、地元→お台場→大宮→帰宅という謎のルートになりました。まぁこういった緩い旅もいいですよね。お台場はとてもよかったのですが、実はBig Boyでのディナーが一番よかった気がします。サラダ、カレー、デザート食べ放題は素晴らしいです。

休日を楽しむためにも平日は一生懸命勉強を頑張りたいと思います。

ちなみに今日はゼミの先生に入学祝いとして、食事をごちそうになりました。本場の韓国料理で活力が湧いてきました。中でもサムギョプサルは激うまでした。

ごちそうさまでした!!!

 

友人の話

友人が彼女と喧嘩したというので、その話を聞いてみると、本当にむちゃくちゃな話でした。特に因果関係のなさには驚きました。

詳細は書き起こしたので、今度それをもとに文章化してみようと思います。

しかし、就活のストレスもある中でしっかりと自分を保てている彼には頭が上がりません。逆境に負けず、頑張ってください。

 

(おそらく彼の抱えているストレスは、常人が抱えてしまうとおそらく鬱になるレベルかと思います。(私見))

悪戦苦闘

この2日間は私の研究テーマであるVRを自分でも作ってみよう!と一念発起し、パソコンとにらめっこしておりました。

結果としては目線を使ってキャラクターを倒せるアプリを作ることができました。しかし、そこに至るまでには本当に苦労しました。

詳細は省きますが、美味しいディナーを作るためにキッチンから作っていた。そんな感覚でした。(作ったアプリはむしろまずいディナーのような感じですが。)

”ディナー”を作る工程は全てが慣れないことでしたが、今回はモチベーションがいくつかあったのでなんとかなりました。

1つ目は自分で決めたことということです。VRの研究をするにあたり、作ると決めたのは自分です。それならばやりきらなくては漢ではないでしょう。

2つ目は同世代は社会で働いているという事実です。彼らも慣れないことにうんざりしているかもしれません。さらに私と違って、やりたくないことをやっている人もいるかもしれません。それだけで私も頑張ろうと思えますね。

まぁモチベーションなんていうのは後付けみたいなものですが、振り返ってみると大きく働いていたのはこの2つかと思われます。

少々疲れたので、久しぶりに土曜日が楽しみです。

入学式

入学式は学部生と合同で行われました。

基本的な式の流れは卒業式と変わらなかったのですが、入学式は卒業式への伏線でいっぱいでした。これに気づけたのは卒→入を短期間で行った者の特権ですかね。

みんなスーツでしたが、奇抜な髪の人、おしゃべりをする人、眠りこける人がいました。3年後には御社御社いうわけですから、怖いものです。